医療生協について

 

理事長あいさつ

2017年 新年のご挨拶

みなと医療生活協同組合
理事長 森谷光夫

 2017年明けましておめでとうございます。

 みなと医療生協は昨年も医療・介護・福祉の複合体として、“健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。”ため、事業と運動をすすめてきました。「救急医療情報入れ」の引き続く普及、健康づくりの一環としての「健康チャレンジ2016」を、そして地域の皆さんとの持続した交流―サロン活動を大きく展開しました。

 しかしながら今、社会保障と人権・平和をめぐる状況は厳しいものがあります。「経済と財政の一体改革」と称し、単に財政面より社会保障費を削減しようとしています。また原発の再稼働をはかり、さらに戦争のできる国へと憲法を「改正」しようとする動きなど、国民が安心して暮らすことが難しくなってきています。

 こうした中で私たちは今年も“健康をつくる。平和をつくる。”事業と運動をさらにすすめ、ますます地域になくてはならない医療生協に発展させていく必要があります。「自治・参加・協同」の精神の下、憲法25条、9条がしっかりといきるような社会をめざしましょう。

 組合員皆さまの健康と更なる活躍を祈念致します。

▲このページの先頭にもどる

トップページに戻る お知らせ 医療生協について 支部の活動 班の活動 健康診断のとりくみ ボランティア活動 サービス事業活動 協立総合病院のウェブサイトへ 介護ネットワークのウェブサイトへ エムアイエス企画のウェブサイトへ