みなと医療生協には出資金がなぜ必要か一緒に考えましょう

だれでも必要なときに納得のいく医療が受けられ、みんなが安心してくらすために、地域のみなさんと医療従事者が力を合わせ、みなと医療生協はつくられてきました。

一人では無理でも、みんなの智恵と力を合わせれば大きな力になり、願いを実現する力となります。そんな医療生協に、あなたの力をお貸しください。

【Q】出資金ってなんですか?

【A】みなと医療生協は、おたがいさまの心で安心してくらせる地域、信頼できる医療・介護事業、支え合いのネットワークを地域のすみずみに張り巡らせる活動をしています。

1959年の伊勢湾台風で大きな被害を受けた名古屋南部には、被災後すぐに全国から医療の救援活動が入りました。この救援活動に感銘を受けた人々が「私たちの診療所がほしい」と、翌1960年8月に382人の組合員による、出資金20万円でみなと医療生活協同組合が創立されました。

出資金は病院、診療所、介護施設などの土地取得や設備の拡充、組合員事業のための元手として使われます。また、地域での健康づくり運動をいっそう活発にすすめるためにも使われています。

出資金は会費や寄付とは違い、お預かりしているお金です。利子や配当はつきませんが、医療生協を脱退するときには全額返還されます。

【Q】出資金はいくらぐらい?

【A】厚生労働省は「協同組合の健全な運営のために、加入時の出資金は5,000円以上が望ましい」としています。みなと医療生協では『積立通帳』をつくることで1,000円から自分のペースで増やしていき、5,000円以上にする方法もあります。

みなさんからの出資金が、みなと医療生協58年の歴史のなかで、医療生協の事業や活動を発展させ、支える力になってきました。

8月20日現在の出資金総額は23億580万円、 一人あたりの平均出資金額は38,000円となっています。加入後に医療生協の良さを実感し ていただけましたら、組合員一人ひとりが、できるだけこの金額を上回る増資をめざしていただくとともに、医療生協の一員として「出資・利用・参加」する取り組みにもご協力ください。

【Q】積立通帳って何?

【A】1,000円以上ならお好みの金額設定で作ることができる『出資金積立通帳』は、自分のペースで気軽に積み立てが可能なのが魅力です。持ち運びやすいサイズで、12回分が1綴り。増資金と一緒に積立通帳を出すだけで大丈夫なので、用紙記入の手間が 省けてとても便利です。

【Q】組合員と家族組合員はどう違うの?

【A】加入者のお名前が、組合員本人となります。加入後は同一世帯に限り、組合員のご家族は『家族組合員』として、組合員と同様に事業所利用ができます。但しこれは組合員とみなしているだけで、組合員ではありません。

みなと医療生協では現在、個別加入のお願いをしています。これは一人ひとりが健康づくりやまちづくりの主体者となっていただきたいからです。

現代社会は、貧困や格差、雇用不安、高齢者の孤独死・孤立死など、深刻な課題が山積しています。一人では解決できなくても、みんなで力を寄せ合えばとても大きな力になります。多くの人が自分の名前で組合員になり、 出資金を持ち寄ることで、より充実した医療 ・介護・くらしの実現をめざします。

【Q】新事業予定はあるの?

【A】みなと医療生協では中村区亀島に新事業所づくりをすすめています。これは、昨年末に名古屋市より公募されていた『旧亀島小学校の跡地整備事業』のパートナーとして、みなと医療生協が選定されたもので、私たちの今までの地域活動が市に認められた結果でもあります。また、完成予定となっている2020年は、みなと医療生協創立60周年を迎えます。総工費20億円の亀島新事業を成功させるためにも、『かめじま記念加入』をはじめ、『かめじま積立』や『かめじまお祝い増資』を呼びかけて、組合員みんなでみなと医療生協を支え合い、発展させていきましょう。

▲このページの先頭にもどる

トップページに戻る お知らせ 医療生協について 支部の活動 班の活動 健康診断のとりくみ ボランティア活動 サービス事業活動 協立総合病院のウェブサイトへ 介護ネットワークのウェブサイトへ エムアイエス企画のウェブサイトへ